【CTF2015】「シビックテックのNEXT STEP」

公開日: 著者:
RoomC_T5K0751
グラフィックレコーディングはパネルの進行に合わせライブで描かれる。 Photo by Toshiya Kondo @civictech forum(CC-BY)

【特集】CIVIC TECH FORUM 2015

 CIVIC TECH FORUM 2015(2015年3月29日開催)特集として、本イベントの運営委員や各セッションの企画担当者”コンテンツチェア”に振り返り記事を書いてもらった。文章に加え、動画・写真・グラフィックレコーディングを合わせ、セッションの概要から詳細まで把握できる構成になっている。
・パネル 「シビックテックのNEXT STEP」
・登壇:モデレーター:柴田重臣(Code for Ibaraki)、本田正浩(たからのやま)、岡本豊(からくりもの)、市川快(エイゾク)、飯田貴史(アイパブリッシング)
・文章:柴田重臣(CIVIC TECH FORUM 2015・運営委員)

登壇者の設定理由

 パネルディスカッション「シビックテックのNEXT STEP」は、シビックテックが継続していくため次の一歩として何が必要なのかを探りたいという意図で行った。テクノロジーを活用し地域の課題を解決するシビックテック、これまではともすると資金や人材の潤沢な企業CSRの一環として補助されるか、もしくは補助金で運営されているNPOが手がける形となりがちだった。前者は企業側の環境変化から、後者は補助金の不足から継続が困難になることも多々ある。そこで、今回はシビックテックの分野でビジネスを立ち上げた方、続けられている方を4名お呼びし、どのように資金や人材などのリソースを得ているのか、始まりのきっかけは何だったのかをリアルに語っていただいた。

セッション概要

 実際にシビックテックに関するビジネスを手がけている方々に成功はもとよりピンチや失敗だったことを含め、そのとき感じたことなどを当事者本人に語っていただくかたちをとった。登壇者は「かなざわ避難支援ナビ」を開発したアイパブリッシング飯田さん、「にしてつバスナビ」でマッシュアップアワード受賞 からくりもの岡本さん、「福岡市PM2.5ダイヤル」を開発・運用されているエイゾク市川さん、たからのやまで高齢者の社会参画を目指すビジネスを展開する本田さんの4名だ。

 まずは製品やサービスの開発に至ったきっかけから話はスタートした。飯田さんは地域のアプリコンテスト受賞、岡本さんは自社の開発合宿から、市川さんは市がPM2.5についての問い合わせが多くて困っていると聞いて、本田さんは高齢者向け勉強会の失敗から始まったとのこと。いずれも、もとよりのビジネスを目指したものではないという共通点があるようだ。

 ビジネスを目指していなかったものがどうしてそうなったのか。アプリが西鉄バス社内で問題になっていると聞き、おそるおそる訪問した岡本さん。結局、社内でも話題になっているので公式アプリは発注したいのですよ、と仕事に結びついたとのこと。市川さんは当初スポンサーをつけ始めたが、契約終了でサービスも打ち切りに。しかし、多数のユーザがついていたため、福岡市と直接契約しサービスを再開したそうだ。飯田さんは、まだビジネス化の検討段階で売り上げは発生していないが、今後オープンソース化により認知の向上と技術者コミュニティを広げたいという意向。セッション中、ソースコード公開サービスGitHubにかなざわ避難支援ナビを公開するというサプライズもあった。同様に、ビジネス構築中の本田さんも、コミュニティベースモニター事業という独自さとIT企業との太いパイプなどが評価されているそうだ。

 ビジネス化では理解してくれる方が居るからこそ。市川さん「とりあえず試して、検証していく、コストは少なく。自治体とチームを組んで、通常の受発注と違って自由に進める感じが良かった。」とやってみる姿勢が大事とのこと。また、本田さん「新しい市民活動への嗅覚を持つ人が、行政や企業にあるかどうかじゃないか。」と相手側の条件にもよるという意見。岡本さんも「公式アプリとして見られると色々問題あるので、先方の事情も分かる。西鉄は担当者の方の考え方が柔軟だった」それをうけて、市川さんの「新しいことやりたい人は自治体にもいっぱい居る。信頼を築くのが大事。いい加減な事はせず、責任感とスピード感でそれを得ています。」はポイント。

 最後、今後の展望をうかがった際、岡本さんの「技術者だけじゃ難しいので問題解決のプロの人と組んでやっていく。技術やお金を使わなくてもできることはいっぱいあるので、そういうのを探して行きたい。」は印象的だった。


動画

https://youtu.be/R9bk87qLMmc(Civic Tech Forum 公式YouTubeアカウント)

グラフィックレコーディング

ROOM_C_1_1350_01 ROOM_C_1_1350_02 ROOM_C_1_1350_03

ここに取り上げた以外のグラフィックレコーディングはFlickrでもご覧になれます。https://flic.kr/s/aHsk9XGMST


関連する記事