【CTF2015】クロージングセッション「シビックテックがひらく可能性」

公開日: 著者:
DSC02067
周囲の人と意見交換。 Photo by Tomoki Yanagawa @civictech forum(CC-BY)

【特集】CIVIC TECH FORUM 2015

 CIVIC TECH FORUM 2015(2015年3月29日開催)特集として、本イベントの運営委員や各セッションの企画担当者”コンテンツチェア”に振り返り記事を書いてもらった。文章に加え、動画・写真・グラフィックレコーディングを合わせ、セッションの概要から詳細まで把握できる構成になっている。

・クロージングセッション「シビックテックがひらく可能性」
・登壇:関治之(Code for Japan)、小泉秀樹(東京大学工学部都市工学科)
・文章:鈴木まなみ(CIVIC TECH FORUM 2015・運営委員長)

登壇者の設定理由

 今回のイベントの最初に基調講演をしていただいた二人(Code for Japan代表の関氏/東京大学工学部都市工学科教授の小泉氏)に、実際に活動している方々の話を聞いた上で感じたことを語ってもらおうとお願いした。

セッション概要

 このセッションは、「今回のイベントはコ・ラーニングの場だと思っています。今日のイベントで何を学んだのか?どんな気づきを得たのか? 隣の人、または前に座っている方とディスカッションしてみて下さい。」という言葉で始まった。会場から出てきた気づきの一部をご紹介したい。

  • 小泉先生のお話を聞いて、先達の知恵からの体系立ったものがあることを知り、自分のやっていることへの安心感が深まりました。
  • 僕(小泉先生)が話せなかった様々な実践的な知恵が他のみなさまのプレゼンの中にあり、実践しながら体得されているんだなと思いました。こういった会でのノウハウのシェアは大切だと思いました。
  • 今まではエンジニアとしてこういったイベントに参加してきましたが、今日地域のまちづくりやコミュニティの話をたくさん聞いて、テクノロジー側だけの話だけではダメだと思いました。町内会の副会長になり、まちづくり側として活動に参加し、たまたまプログラム書けますよと登場したいです。

 実際に行動している人はきっと、何かを勉強してから活動しているわけではなく、行動を重ねながら「こうした方がいいんじゃないか?ああした方がいいんじゃないか」と試行錯誤を重ねながら活動しているのではないだろうか? その活動が、同じように活動している人の話や、アカデミックな知識からも正しいことだと太鼓判を押され、次の活動の勇気につながったことは運営側としても嬉しい言葉だった。 また、最後のコメントは、IT側のエンジニアとまちづくり側の人との距離が縮まった気がして、いろんなタイプの方をこの場にお呼びしてよかったなと心から思えた言葉だった。

 この場も同じものを目指しているテーマ型の現代コミュニティの1つだと思う。バラバラで動いていくのではなく、この場で出会ったことをきかっけに、一緒に未来を創りだしていけたらと思う。


動画

https://youtu.be/79CyL4VyRoE?t=7h20m47s(Civic Tech Forum 公式YouTubeアカウント)